不動産を貸す時にも必要

不動産所得を計算しよう

不動産所得を計算する時は、収入からアパートやマンションなどを経営をする時に必要なお金を引きます。
不動産所得は、所得税に含まれるので課税の対象になると覚えておきましょう。
アパートやマンションを経営していると家賃の他に、いろんな面で入居者からお金を得ると思います。
更新が切れてもまだ暮らしを続ける場合は、更新料金を受け取ります。
また入居し始める時に、礼金を受け取る場合もあります。

それらが全て、家賃収入になります。
不動産投資をすれば、簡単にお金を稼ぐことができると認識している人がいるでしょう。
確かに入居者を増やせば収入も自動的に増えますが、発生する税金も多いので自分でこまめに計算することを忘れないでください。

所得税とは

不動産投資で稼いだお金は、所得税に含まれます。
それも国に納めなければいけない税金ですが、不動産投資だけが含まれるわけではありません。
他にも所得税に含まれるものがあります。
全て一緒に計算するので、自分の給料なども考えてください。
毎日会社に行って仕事をしている人は、毎月給料をもらっています。
それも所得税に含まれるので、不動産投資で得た収入と合計してください。

不動産投資のことばかりを考えていると、普段の収入のことを忘れてしまいます。
まずあ、何が所得税に含まれるのか考えましょう。
基本的に自分が稼いだお金は、所得税に含まれると判断して良いと思います。
計算する期間は1年ぐらいあるので、ゆっくり考えても間に合います。