資産税とはどんな時に払うのか

固定資産税のことを知る

固定資産税の税率は、1.4パーセントです。
自分が持っている不動産の価値に1.4パーセントをかければ、固定資産税の計算ができます。
基本的に税金は一括で支払わなければいけない決まりになっていますが、固定資産税は例外です。
一括で支払うか、分割払いか選択できます
お金が少なくて一括で支払うことができない場合は、分割払いを選択しましょう。

分割払いの場合は、4回に分けて支払います。
高額な固定資産税が発生した時は一括で支払うことが難しく感じるかもしれませんが、分割なら大きな負担を感じないで支払えると思います。
固定資産税を支払うように、通知が封筒に入って自宅に届きます。
納税通知書と呼ばれるものなので、それを持って税務署に行きましょう。

都市計画税に含まれる不動産

地域によっては、所有している不動産に都市計画税が発生する場合があります。
持っている不動産が都市計画区域内に含まれているなら、そちらの税金も同時に発生します。
不動産の価値に、最高で0.3パーセントの税率をかける計算になります。
そこまで高額ではないですが、固定資産税と一緒に支払うので負担が大きくなることには変わりありません。

税金を安くしたいなら、不動産を購入する時は土地に気をつけてください。
都市計画区域に含まれている不動産だった場合は、自分が求めている条件を満たしていても購入を控えた方が良いです。
自分で購入する場合は選択できますが、譲り受けた場合は嫌でも支払うことになります。
諦めて大人しく両方の税金を納めましょう。